幼稚園受験で見られていることとは

子供を私立の幼稚園に入学させたいと考える親はいらっしゃるでしょう。その理由として、より良い環境で子供に育ってほしい、一貫した環境で教育を受けさせたいなど様々です。特に、子供は大人より物事の吸収が早いため、小さい頃にたくさんの経験をさせたいと思う親は多いです。では、幼稚園受験のためにはどのような事を注意すれば良いのでしょうか。中学校や大学の受験とは違い、学力を求める試験内容ではないことは有名でしょう。しかし、準備を怠ってしまうと受験に失敗してしまいます。そこで、今回は試験官にどのような点を見られているのか、子供と親の両方の観点からご紹介させていただきます。受験をさせるか迷っていらっしゃるかたがいれば、願書を出す前の参考にしてください。

子供のどのような点を見られているか

まず、幼稚園受験の際、子供が見られている点をご紹介します。子供の場合、いかに人の話をよく聞けるか、そして周りの子供たちと協力しあえるかという点を見られます。つまり、基本的なコミュニケーションを行えるかどうかという点に注意しなければなりません。普段からお友だちとたくさん遊ばせ、仲良くできるように訓練すると良いでしょう。また、家族と一緒に過ごす時間を大切にし、子供に話をさせる、話を聞かせる事を毎日行うことが重要です。そして、基本的な言葉遣いは練習させましょう。例えば、自己紹介の際、しっかりと丁寧語を話す、挨拶をする、ありがとうと言えるように習慣をつけておくことです。子供が周囲とのコミュニケーションを取ることに問題ないと試験官に判断されれば、合格率は上がります。

親のどのような点を見られているか

子供だけではなく、親も気を付けなければならない点がたくさんあります。まず、子供をコントロールできるかどうかです。幼稚園受験は子供にとってかなり緊張してしまう場所かもしれません。その際、緊張のあまり泣いてしまったり部屋を出ていってしまったりしないよう、親がしっかりとする事です。これは、日常的にコミュニケーションを取れているかどうかを見られるという事です。また、親の収入も重要な要素になるため注意が必要です。授業料や給食代など、滞納せずに支払えるだけの経済力がなければ合格はできません。もし、収入に不安がある方は、口コミサイトなどを見て事前にどのくらい必要かを調べておくと良いでしょう。生活だけで精一杯になってしまう家庭は、幼稚園の受験をおすすめできません。