幼稚園受験で最も大切なものは何か

人間の人格形成となる最も大切な時期は幼児期にあります。この時期に経験すること、感じること、知ることを吸収していくことで人間の基礎となる土台作りが行われます。ですから幼児期の過ごし方においてその後の人生を大きく左右することになると言っても過言ではないのです。この幼児期をより良い環境のもとに過ごさせたいと思い、親の思いを叶えために幼稚園受験に挑む家庭は多くあります。少子化、教育に関する考え方が強くなっている現代、受験をして幼稚園に入るという選択をする家庭が増えてきているのが現状です。私立の幼稚園は独自の教育方針の中、身体の成長、知能の成長、情緒の発達を向上させ、本格的な学習が始まる小学校に向けてその能力を引き出し開花させる教育を行います。

幼稚園受験に必要なことについて

幼稚園を受験し、合格を勝ち取るためにはそれ相応の努力が必要になります。小さな子供はまだ受験というものを理解はできません。ですから、日々の生活の中で習慣として身に着けているものが本番で発揮することになります。言葉使いや生活習慣、物事の考え方は子どもにとって親が見本になります。本番だけ上手にやりこなすことは不可能です。親が普段から子どもに見せる姿、しつけによって自然に身に付き、自分のものとしていつでもこなせるようになるのです。また、様々なことに興味を持たせることも大切です。子どもは楽しい、うれしいことに対してはもっとやりたい、知りたいと好奇心を持つものです。できたことを褒める、一緒に楽しむことが子どもの潜在能力を引き出すきっかけになるのです。このように家庭での生活は受験にとても大きな影響をもたらすのです。

幼稚園の受験で合格するための塾について

幼稚園受験ではおもに行動観察をします。集団での過ごし方、運動、絵画、知能、受け答えなど様々な視点から子どもの特徴、能力を判断し、合否を決めます。合格を得るために何が必要か、自分の子に何が足りないか、何をしていけばいいかなどを教えてもらえるのが幼稚園の受験専門の塾です。各幼稚園の特色をつかみ、それに向かっての道筋を立てていくサポートが受けられます。塾に通うことで、集団での過ごし方、マナー、ルールを覚え、知能の発達に必要なこと、運動能力の向上、手先の器用さを訓練するなど細かな部分の成長を促し、それを自分のものにする環境がそこにはあるのです。幼稚園で受験をすることで、そのまま大学まで受験をせずに行けることも多くあります。子どもの可能性を早い段階で見出し、人生の豊かさを与えることは親の愛情の表れです。